QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
タングステン
タングステン
宮城県内中心に活動しています。現在はAOR2装備を収集中です。俄か者ですがよろしくお願いします。

2017年05月06日

TRU−SPEC製 デザートタイガー

TRU−SPEC製のデザートタイガーのパンツになります。この状態の良さでリサイクルショップで2500円という安さで売られていました(笑)
ODA(グリーンベレー)やOGA(other govement agency/平たく言うとCIAオペレーター)等での使用例があり、またUO(unknown operator/所属不明隊員)のイメージが巷ではあるかと思います。


使用素材はシンプルな綿100%。パンツなので気になりませんが、汗をかきやすい上着なんかになると、乾きにくく不便な思いをしそうです。
よく見ると生地はTIGER STRIPEのロゴが確認できます。


内側にはメーカーロゴが。例によって日本サイズよりワンサイズ大きめの作りとなっているので、ご購入の際はご注意下さい。


ポケットは昔ながらのボタンです。ベルクロと違い繰り返し使用によるヘタりが起こらず、補修も楽なので私は好きです。静かに物も取り出せますし。


膝部分の補強もちゃんとしてあります。


着用例として、今月始めのゲームでの写真です。
デザートタイガーは、以前から気になってはいたものの、品薄状態が続いるため手をこまねいておりました。レプリカも検討していましたが、店頭で現物を見ると違和感を感じた為保留に。色合い含め、生地に光沢があったのが印象的です。その点今回購入したものには、そういったものは見られませんでした。
レプリカでもAーTWOの生地はどうなんだろうと気になる今日この頃です。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 08:36Comments(0)ウェア

2017年05月05日

Area52でエアソフト③

前回の続きになります。今回でラストです。

この日1番の奇跡。10年ぶりに親友と再会!!趣味が繋いだ奇跡というか、何とも感慨深いものがありました。お互い会話を交わし笑い合っていると、過ぎ去りし日々の空気が戻ってきたようで大変ノスタルジックな思いになりました。


そんな彼は現在民間系の装備に興味があるようで、メインウェポンもそれに準じているとのこと。マグプルのストックが使いたいから、ガスブロというのも良いですね。「この季節はまだ電動ガンと打ち負ける」と呟いていたので、基本セミオートの運用になるようです。夏場じゃないと、フルオートは厳しいですかねぇ・・・。おや?


最近の民間インストラクターは、グレネード使うんですNE!!(棒)しかし、そんなチョイスも彼らしいと思いました。


そして、写真でポーズをお願いしたところ粋なインストラクターは、マガジンにかじりつきました(笑)こうして再びふざけ合えるとは思っていなかったのでので、嬉しさがMAXでした。


そして、超ベテランでゲームでも素晴らしい動きをしてらしたゲリラな方。この方が無双してくれたから、こちらのチームは優勢を保っていられたと思います。


その方のメインウェポンがこちら。本体だけではなく、上に乗っているtrijicon のスコープ!覗かせて頂きましたが、とても明るくて見やすい!そして、まさかのレンズがメイドインジャパン。倍率切り替えが可能にも関わらず、明るく周辺の像の歪みも無く最高の品でした。


以下、休み時間を活用して撮ったギャラリーになります。


とりあえず、それらしいい写真を撮ろうか!となると、


徐々にその楽しさに目覚め


装備好きになるのですが、敷居が高くとっつきにくいイメージがあります。1から10まで突き詰めればキリがありませんしお金がかかりますが、集める道具の優先順位とレプリカ等の活用でそれらしい形に仕上がります。
現実の部隊でなくとも、ゲームや映画と入るきっかけは様々だと思います。


おまけ
Area52さんのオリジナルガンラックがお洒落だったので、撮ってみました。普通に部屋に欲しいです(笑)


スタッフの方、当日いらっしゃった方々に改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 09:59Comments(2)エアソフト

2017年05月04日

Area52でエアソフト②

前回の続きになります。



今回事前に連絡を取り合い、ゲームに参加した友人のK氏(画像左側)。エアガン好きで様々なエアガンを所持しています。凄いところは、実用性には疑義を挟まれることがしばしばのマ◯シンのガスガンを分解し、調整した結果ものすごーーーーく安定した性能を発揮できるようにしたことです(笑)
私のUSPコンパクトもどうにかしてくだされ(笑)


K氏の弟さんです。2人の連携は、「さすが兄弟!」と思わせるものがありました。しかしながら、ゲームのスタイルは大胆な戦法を取るお兄さんに比べ、弟さんの方は状況に合わせるタイプのような印象でした。私も見習いたい柔軟性です。
今回カメラマンを引き受けてくれてありがとうございました!


ホルスターからはガバメントが。ハンドガンでヒットとるの難しいですよねぇ・・・。2人ヒットとったというのですから、さすがです!


そして、K氏の知人の陸自装備の方。もう1人、K氏の知人がいらっしゃったのですが全体写真を取り忘れてしまいました。夕飯の時に撮れば良かったですね(笑)
陸自装備の方は重装備なコーディネイトで、随所にオリジナリティが伺えます。


ヘルメットもサイドが良い感じです。私なんかはついつい何かの真似に走りがちなので、こういったオリジナルセンスを見ると色々と考えさせられます。


お友達4人で来られていた方々。初めてゲームをされるという方もいらっしゃったようですが、皆和気藹々(わきあいあい)としてらっしゃいました。そして、色々と話しかけて頂きありがとうございましたm(_ _)m

スーツに銃を持つとLE系のイメージよりも、危ない刑事が頭に浮かぶのは私だけでしょうか?(笑)


また次回に続きます。


乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 23:52Comments(0)エアソフト

2017年05月04日

Area52でエアソフト①

5月3日(水)に青森県八戸市にあるサバイバルゲームフィールドArea52にお邪魔しました。
私は最近購入したデザートタイガーのパンツを履いてみたくなり、OGA(other govoment agency/平たく言うとCIA)を意識した装備を組んでみました。より、それらしい雰囲気を出すために、衛星電話やモトローラの無線機などの小物が欲しいところです。


フィールドの入り口付近の写真です。起伏が少なく、バリケードを主体とした構成となっています。また、大型のパーティションにより迷路状に造られたCQBエリアがフィールド中心に位置しており、激戦が繰り広げられます。

廃棄車両やパレット、ドラム缶も点在、またフィールドの端には丸太を積み上げた障害物もあり、バリエーション豊かで創意工夫しながら前進できます。フィールドの端には緑が僅かにあるので、そちらでは迷彩服の効果が僅かながらに期待できます。


セーフティーは駐車してから、受付を済ませフィールドの奥に前進したこの建物です。話はそれますが、トイレが綺麗で驚きました!
電気がまだ通っていないということ(近々契約予定とのお話でした)で、フィールドには自販機やドリンクの販売は無く、事前に準備する必要があります。

BB弾等のプレイグッズの販売や各種レンタルは申し分ありません。


セーフティーはちゃんとした建物でしっかりしており、内部はこのようになっています。(右側を撮影)


左側はこのようになっています。これだけしっかりした建物があれば、雨風を防ぐことができ、また冬の寒さも大幅に軽減できます。そして何より、広いので参加者同士の交流がしやすいという大きなメリットが!!当日いらっしゃった方に改めて感謝を!


セーフティー中央にはホワイトボードがあり、ゲームの都度ルールが記されていくので皆んなが分かりやすくなっています。この裏側にはフィールド規約が書かれており、ゲーム開始前に説明されるので、口頭のみの説明よりも分かりやすい印象でした。

こうしてその都度書いてもらえると、分かりやすい以外にも、温かさが感じられて個人的には大変良いなぁと思いました。


今回は内容を分けて投稿させて頂きたく思いますので、悪しからずご了承下さい。


乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 18:45Comments(4)エアソフト

2017年04月19日

FMA製VーLITEレプリカ

FMA製のVーLITEのレプリカです。実物は高価で、かつ使い捨てのためレプリカを購入しました。さっそくマリタイムヘルメットに装着して点灯させてみました。赤が欲しかったのですが、こうして見ると緑の色も良いですね。

点灯のモードは、点灯か点滅から選べます。


また、VーLITEは緊急時の使用も想定しているので、いざとなればこのように紐を伸ばしてくるくると回し、上空の味方に合図を送ることが可能です。


消灯すると味気ない印象ですが、ヘルメットに2個くらいつけてカスタムしてみるのも良いなぁと思いました。
レプリカながら光量も十分で、全体がシリコンで覆われているので、防水性も高そうです。なかなかコストパフォーマンスに優れた製品かもしれません。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 22:09Comments(0)光学機器

2017年04月10日

HARRIS ブレードアンテナ

HARRISのブレードアンテナになります。トップ画像のように、プレートキャリアの背面に着けた際など、存在感を発揮します。


ミリフォトなどで見かける展開した状態ですと、より一層際立ちます。フィールドで行う際は取り回しや周囲の安全にお気をつけ下さい。
実物のメリットとしては、強度であると思います。根元のフレキシブルな部分もよく曲がり、ブレード部分も自立します。


この屈曲部分は実物も長期保管した際に折れグセがつくそうです。保管時は展開した状態の方が良いのでしょうか?


正直こんな棒切れのようなものが1万円程するわけですが、ラジオ周りは細かい部分に力を入れた分ダミーラジオが本物っぽく見えるのでやりがいがあります。


乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 22:46Comments(0)無線関係

2017年03月27日

KEEN ターギー2

KEENのターギー2になります。ミリフォトにとらわれずに、履きやすいトレッキングシューズということで購入。こちらは、前回記事にしたレザーワックスによる加工を4回施しているため、新品の頃と比べ風合いが異なりますのでご了承下さい。


今までオークリーやメレル、サロモンと各種メーカーの靴を履いたことがありますが、KEENは初めて購入しました。ミリフォトでは、露出は少ないですがメーカーロゴが特徴的なので、分かりやすいです。履き心地は大変良好です。


片膝立ちした時の後ろ姿に、この踵のロゴが良いアクセントになって良いと思うのは私だけでしょうか?(笑)紐もループがあり、すこし可愛らしい印象です。


靴の中は、KEEN独自の透湿性防水素材が使われており、中の湿気を逃すようになっています。サイズは、私は普段25.5cmの靴を履いていますが今回は26cmつまり、USサイズで言うと8のサイズを購入。

余談ですが、靴はどの靴下で合わせるかも重要な要素です。疲労に直結する事なので、靴のサイズ合わせは重要です。


尚、こちらのトレッキングシューズは先日ソウトゥースのワックス加工の記事でお伝えした方法を4回行っており、このような風合いになりました。加工前は、ソウトゥースの様な状態でした。
履き心地は柔らかく歩きやすいです。透湿性防水の素材を使用していながら18000円程で買えるという点もお勧めです。


乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 22:46Comments(0)ブーツ

2017年03月26日

レザーワックスによる靴の手入れ方法

フットウェアの手入れに関しては、以前にもありますが、今回はレザーワックスを使った方法を書いていきたいと思います。

手入れと言うと、スプレーによるものが一般的です。手軽であるという点においてはメリットではありますが、実は成分が皮革の深部まで到達しないという反面もあります。この点は、以前にも記事にさせて頂いた方法を使用するのも良いかと思います。

通常使用ではあまり問題にはなりませんが、アウトドアをはじめとするヘビーな使用を繰り返すと徐々に皮革の劣化が進行します。


そこで、レザーワックスを使用する手間を加える事で皮革の寿命を延ばし、防水性、対摩擦性を付与することができます。そもそも、フットウェアの1番の敵は土や泥に含まれる微生物等の雑菌です。これらは、皮革のカビの原因になるだけではなく、ソールにしばしば使用されるウレタンの劣化も誘発します。(新品の画像がご用意できずすみません)使用後は靴の手入れを確実に行うのが長持ちさせるコツです。


長くなりましたが、こちらをメレルのソウトゥースに塗っていきます。指先に少量ずつとって塗り広げていくだけです。スプレーと違い時間がかかりますが、焦らずにやっていきましょう。


ワックスの使用の前後を比較してみました。右がワックス使用前で、左がワックス使用後です。レザーワックスを使用する欠点としては、皮革の風合いが変化してしまうという点です。しかしながら、調べたところヌバック素材の登山靴等は、ワックス塗布を前提として出荷しているとのことなので今後はワックスメインの手入れをしていきたいと思います。

今回画像はありませんが、レザーワックスは3回ほど塗り込めば素晴らしい光沢と風合いが出ます。フットウェアも装備の時代性を合わせる上では重要なアイテムですが、特に古い装備をする場合、機能性を維持したまま実物を使用するのも大切なことだと思います。せっかくゲームをしにいって怪我をしては悲しいですから。

また、装備好き等関係なく、せっかく購入したフットウェアを長く愛用したい場合にもこの方法はお勧めさせて頂きます。


乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 11:55Comments(0)その他フットウェアの手入れ

2017年02月26日

2月26日(日)オペレーションフリーダムさんで

2月26日(日)にオペレーションフリーダムで行われた、morizoさん主催の貸切ゲームにお邪魔させて頂きました。上は1日の最後に撮ったMMR-Z集合写真です。
私は前回に引き続きカミースで参加しました。着て見ると分かりますが、謎のモチベーションが上がる服です(笑)


ミルフリークスのマメさんと一枚。今回カミースに合わせたcryeのコンバットパンツは、ミルフリークスさんで購入したものだったので、お礼の言葉を述べさせて頂きました!
温かい手書きのメッセージをいつもありがとうございます!


ハシモーさんと一枚。前回の初期アフな雰囲気から一転。スタイリッシュなJPCです。プレミアムな膝パッドがたまりません。残念なのは私の帽子の被りが適当だったり、顎を上げすぎていたりとミスが目立つところでしょうか・・・(汗)


職人の技に定評のあるx115 taylorさんのアノニマスNo.3さんをはじめとする御三方の写真です。UOな感じのクールな雰囲気です。装備のテーマ等をお聞きするのを忘れてしまいました。次回もまたよろしくお願いします!


そして、本日のCHIHIROCKさん。MICH2002にANVISのマウントのイケメン装備がキマっています。私も昔このスタイルに憧れましたが、あまりの難しさに諦めました(白目)そのため、形にしている方を見るとついつい目がいってしまいます。


そして、この日まさかの再開。ギアログ東北のドアガナーの方!?(お名前を聞くのを忘れてしまいました)初期アフな感じがキマっています。私もコーヒーを作るのが趣味なのですが、この方はセイフティエリアでもコーヒーをドリップしておられた通な方です(笑)


そして、本日の一枚。戦うmorizoさん。気が付けば高台をとって戦っているイメージがありました。スパイ戦ではお役に立てずすみません(笑)MMR-Zの輪の中に入れて頂きありがとうございました!!


全体を通しての感想は、フィールドにこれだけ小山があると前後左右だけではなく、上方にも気を配らねばならず、とても立体的なフィールドでした。ゲーム自体は殲滅戦を主に、スパイ戦やフラッグ戦とシンプルに遊び尽くした印象です。


当日いらっしゃった皆様、本当にありがとうございました!またよろしくお願いします。

  


Posted by タングステン at 23:49Comments(0)エアソフト

2017年02月04日

シュアファイア6P用レンズフィルター


シュアファイア6P用のレンズフィルター(青色)になります。長く定番のライトとして親しまれていた6Pが型落ちしてから暫く経ちますが、そのような場合付属品も流通在庫のみになることもしばしばです。そうなると途端に値上がりしてしまい、購入が難しくなってしまうので購入しました。


ミリフォトの再現というよりはレンズの保護を目的に購入したのですが、冷静に考えたらこのフィルターも被弾して割れたらショックを受けてしまいそうです(苦笑)気にしないで使っていきますが(白目)



液体識別に使う青色ですが、これを本来のそういった用途で活用することはまず無いでしょう(笑)試しに点灯してみたところ、世間ではブルーライトと言われるだけあり青色の光は目に痛いです。


とはいえ、白色よりは光量を抑えてくれています。手元を照らすには白色では明るすぎることもあるので、そういった場合にはレンズフィルターを活用するのも良い方法だと思います。


乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 07:07Comments(0)小物