QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
タングステン
タングステン
宮城県内中心に活動しています。現在はAOR2装備を収集中です。俄か者ですがよろしくお願いします。

2015年10月31日

サイトロン製SD-33

サイトロン製SD-33です。当ブログにこの検索キーワードで来られる方が多いようなので、記事にしました。ミリフォトでは見ないダットサイトですが、高品質なので使用しています。性能面を考えると、同価格帯で売られている各種レプリカドットサイトとは一線を画しているように思います。

それもそのはずで、上位モデルのMD-33では自動調光とナイトビジョンモードがついており、そちらは自衛隊等での使用を想定しています。
機能がオミットされている点を除けば、SD-33も当然ながら実銃対応スペックなので雨等への耐性があり、耐衝撃性も含め耐久性も十分です。

綺麗なルビーコートが見事です。

バトラーキャップをつけてゲームをしていたところ、破損してしまいこの姿に・・・。破損しやすいもの、落とす可能性があるものは、ゲーム前に外すなり何らかの対策をしないとだめですね^^;

覗いてみるとこのような感じです。レンズに映り込みがなく(カメラ撮影時ですと僅かに反射していますが、自分で覗くと見えません)クリアな視界です。レプリカは、青みがかっていたり、黒みがかっていたりするのですが、それがありません。

ハニカムフィルタを装着すると、ルビーコート部分の反射が抑えられます。光の反射は自分で思うよりも目立つので、私は装着しています。それだけではなく、BB弾からレンズを保護することもできる点もハニカムフィルタを着けるメリットです。

ハニカムフィルタ装着時は、格子模様が見えます。漫画『学園黙示録』で、ヒロインが使うM1A1スーパーマッチについたCOMPにハニカムフィルタが装着されていたのを見て当時ニヤリとしたのは良い思い出です(笑)

話を戻すと、しっかりと狙って当たる光学照準器で、かつ付属のハニカムフィルタでレンズの被弾対策ができるので良い物です。レプリカを故障・破損等で買い直すことが多いのであれば、いっそこちらに乗り換えた方が費用的にもローコストで済むかもしれません。

欠点は、幅がサイトロン独自規格の33mm幅なので、マウントリングを探すのに苦労する点です。ハイマウントにするために、別パーツでレールの高さを上げて現在使用しています。L字マウントが欲しいです・・・。

乱文の程ご容赦下さい。
  


Posted by タングステン at 06:51Comments(2)光学機器

2015年10月30日

メッシュマスク

TMC製のメタルメッシュのマスクです。訓練風景のミリフォトで見かけるようになって久しい印象です。トレーニングスタイルという設定で、装備の雰囲気を壊さずに安全にサバイバルゲームができるのは嬉しいです。マウスガードでは歯を守ることができますが、顔への被弾時は痛いので安全面ではメッシュマスクに軍配があがります。

ミリフォトで見るものに雰囲気を近づけるために、メーカーロゴを取り外しています。GERBERのペンチとドライバを使って無理やりやりました(笑)

COMTAC等のヘッドセットを使わないのであれば、このように耳元も覆えるものも良いでしょう。尚、メッシュマスクだと森林の枝等に頬を掠めた場合でも、顔に傷がつかないのも良いところです。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 21:46Comments(2)小物

2015年10月25日

マルシン製 マテバ

友人からマルシン製マテバを譲り受けました。マテバは攻殻機動隊でトグサが使用していたことで、一部ファンの間で話題になりました。攻殻機動隊は2nd GIGが個人的には好きです。

シリンダーが真上に飛び出すギミックは、思わずニヤリとしてしまいます。

特徴的な銃口の位置もこの通りになっています。初めて見たときは、「は?何これ?」と思いましたが、いつのまにか好きになっているデザインです(笑)

装弾数は、実銃と同じく6発という漢仕様です。カートにBB弾をつめて装填しますが、フィールドでそんなことをする勇気は私にはありません。そのうち実家の棚にワルサーP38と共に飾られるでしょう。グリップを木製に変えたいのですが、販売しているのでしょうか?

集めている装備が現用の割に、拳銃の好みは古臭い私です(苦笑)鉄と木で出来た拳銃はロマンを感じるのですよね・・・。拳銃類は「あのキャラクターが使っていたから」という理由で特に買いたくなってしまいます。小さい頃楽しかったごっこ遊びを、大人になってから嚙みしめてみるような印象です。小学生の頃、エアコッキングモデルのワルサーP38で友達と遊んでいたころを思い出しながら、ガスブローバックのワルサーP38に触れた時は感慨深いものがありました。

乱文の程ご容赦下さい。


昨日の補足ですが、ウェザリングしたPRC-148のアーバンコネクタ部分も再塗装してみました。だいぶレプリカっぽさが薄れたでしょうか?  


Posted by タングステン at 06:18Comments(0)エアガン

2015年10月24日

PRC-148をウェザリング

スパルタンエアソフト製PRC-148をウェザリングすることにしました。まずは、以前装着した金属製ボリュームノブをサンドペーパーで削ります。知人の技術指導の下、これらの作業を行いました(笑)

次につや消しスプレーを吹きかけ、乾いたらタミヤのウェザリングマスターで砂汚れを再現していきます。つや消しスプレーを使うことで、ウェザリングマスターの定着率が上がるそうです。

最後に、エナメルカラーのシルバーで塗装の剥がれを再現していきます。ウェザリングは「やりすぎない」ことがコツとのこと。どこに土汚れがたまり、どこが削れやすいかを意識するというアドバイスももらいました。結果、素人の私でもこのように仕上げることができました。ありがとうございました!

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 11:43Comments(0)その他無線関係

2015年10月23日

VFC製PEQ-15をウェザリング

VFC製のPEQ-15にウェザリングを施してもらいました。以前レプリカのPTTスイッチを加工してくれた知人に頼みました。いつもありがとうございますm(_ _)m

タミヤから出ているウェザリングマスターを使用したとのことですが・・・この風合い、いい感じです(歓喜)砂汚れがここまで見事ですと、逆にHK416の方が浮いてしまいそうです^^;

前回バンブージャングルさんにお邪魔した際に、バッテリーキャップ部分が脱落し、紛失したのですが、そこも補修してもらい感動の極みです。数メートル離れて分からなければ良いのです!(白目)

しかし、バッテリーキャップ部分を無くすとは、夢にも思いませんでした。これを教訓として、部品の脱落には注意していきたいです。

乱文の程ご容赦下さい。
  


Posted by タングステン at 18:58Comments(0)その他

2015年10月22日

メディカルギア②

以前記事にした「メディカルギア」の項目で、サイズ感についてご質問を頂いたので記事にしたいと思います。

今回は比較しやすいように、15cm定規と100円玉を置いてみました。EMTシザーで大体20cmありますので、やや大きい印象です。幅も十分にあるので、MOLLEにさした際にも存在感があります。固定バンドは広げれば倍以上に長さが伸びますが、たたんだ状態ですとこれくらいの大きさです。

止血帯はたたみ方によって変わりますが、EMTシザーよりやや大きいくらいに収まります。この2つを同時に収納するポーチもあるので、そちらとセットで買うと良いと思います。私は何度かゴムバンドの劣化で、脱落しかけたことがあります(汗)

他には負傷部位の感染予防のために装着する、ニトリルグローブや負傷者の状態を記入するカジュアリティカード等があります。また、細かいですがシャーピーをMOLLEにさしても良いと思います。止血帯で緊縛した時間を止血帯に記入することを考えると、何かと書くものは必要になるはずです。

小物類はハマるとどんどん買ってしまうので、困りものです^^;

乱文の程ご容赦下さい。

PS
HEKISHIさん。遅れまして申し訳ありませんm(_ _)m
返信させて頂いたコメントと合わせてこちらの画像もご覧になって頂けましたら幸いです。  


Posted by タングステン at 20:59Comments(0)小物

2015年10月18日

OR PL100グローブ

だんだんと寒い冬が近づいて参りました。それに合わせまして、今回はOR(Outdoor Research)製 のPL100グローブの紹介です。こちらはインナーとして使用するグローブですが、単体でも使用できます。黒いフリースと、同社製のグローブの組み合わせは初期アフガンの頃を彷彿させます。

手にはめたときの、このメーカーロゴが好きです。仙台のタムタムでこれとは違うものですが、同社製のグローブを見たときは驚きました(笑)アウトドアショップでも、取り扱いが微妙なメーカーですし^^;

薄手でそこそこ温かいので、ランニングやこの時期の自転車通勤時にも活躍します。人差し指と親指に滑り止めがついているので、鞄やリュックの中からSuicaやPASMOを簡単に取り出すことができます。汗をかいてもすぐ乾くので、こまめに洗濯できるのも評価点です。

乱文の程ご容赦下さい。   


Posted by タングステン at 06:13Comments(2)グローブ

2015年10月17日

OPTION NO.1 急速充電器

1ヶ月程前に、愛用していたET-1の充電器が壊れてしまったので、新調しました。充電器って壊れるんですね・・・(汗)

OPTION NO.1のリポ用急速充電器です。OPTION NO.1は、ラジコン等で有名なメーカーらしく、信頼性が高いと判断し、以前からバッテリーは購入していました。下手な買い物をするよりはと、充電器のメーカーも揃えた次第です。5000円しないで買えるので、価格も魅力的です。

前回ゲームで使うバッテリーをこれで充電しましたが、特に問題は見受けられませんでした。見えない問題としては、急速充電器なので以前のものに比べバッテリーに負荷がかかるという点です。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 07:02Comments(0)エアガン

2015年10月14日

10月12日バンブージャングルさんで②

昨日の続きになります。今回はネタ写真になります(笑)

宮城県のミリブロガーさんの、HEKISHIさんと一緒に写真を撮らせていただきました。日米共同訓練のイメージで撮影しました。HEKISHIさんとは、昨年の10月6日にバンブージャングルさんでご一緒させて頂いて以来になります。大統領、ベギラマさん(次回必ず写真撮りましょう!)、そしてHEKISHIさんと、あの日の思い出深い方々と再会できたことは、心からの幸いです。HEKISHIさん、感極まったあまり無茶な写真の構図を提案した私をお許し下さい(笑)ありがとうございました!


お次は今回初めてご一緒させて頂いた、ナチョスさんです。チームR-Xさんの所属とのことです。見ていて、チームR-Xさんは和気藹々(わきあいあい)としてらっしゃいました。のびのび仲間内と盛り上がれるというのは、温かくて良いですね。ナチョスさんとは、ゲーム中一緒に行動させて頂きました。ありがとうございましたm(_ _)m
その日初めてお会いした方とこうして楽しく遊べるというのは、サバイバルゲームの大きな魅力の一つだと思います。またご一緒しましょう!


こちらはパンダの人です(真顔)。当然ながら、正式なハンドルネームではなく私が一方的にそうお呼びしています。ちゃんと、ご本人から許可を頂いておりますのでご安心下さい。いやぁ、パンダがMG42を持つというギャップにやられましたね(笑)
「こんなの見たら、東部戦線のソ連兵も逃げ出すわw」と、第二次大戦で活躍するパンダを想像したのは私だけでは無いでしょう。ちなみに、ご本人にMG42購入のきっかけをお聞きしたところ、「子どもの頃の憧れだったから」とのことですが、そんな夢を叶えられるのもサバイバルゲームの魅力ですね!(白目)・・・・・・一体いくらかかったのでしょうかね?(震え)


最後はメイドさんです。しかしその正体は、メイドさんの姿をしたACUのヒト(当ブログにいつもコメントを下さる方)です!戦闘服を脱いで、ACUと全く関係が無くなったところで、撮影をお願いしました。竹林を本当にあの姿で駆け巡ってらっしゃったので、ブラックラグーンのロベルタ編の最後っぽかったです。ピンクのG36Cというチョイスは、最初からこの姿になることを想定してのことだったわけですね!?(笑)写真のテーマは、ブリーフィングをイメージしたのですが、何やら本当にカオスな光景に(爆)
ありがとうございました!今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m


12日当日は参加人数が多く、お話はできなかったものの、装備好きの方も多かったように感じられました。あの人数が多い中、ゲームを進行していらっしゃった管理人さんの手腕に脱帽です。そして何より、優しい方が多かったように感じられました。私の不注意で、オーバーキルになってしまった場面がありましたので、休憩時間に謝罪に伺ったところ「むしろスッキリしたよ」とユーモアあるお返事を下さった方もいらっしゃいました。それ以外にも、当ブログ掲載の写真はその場に居合わせた方に逐次お声かけして撮って頂いたのですが、そこでも細やかな気配りを数多く頂きました。私は赤チームでしたが、当日あの場にいらっしゃった全ての方にこの場を通じて御礼申し上げます。ありがとうございました。再会の折には、是非お声かけ下さい!私も逐次、お声をかけさせて頂きたく思います。

乱文の程ご容赦下さい。

  


Posted by タングステン at 06:34Comments(4)エアソフト

2015年10月13日

10月12日バンブージャングルさんで①

10月12日にバンブージャングルさんにお邪魔させて頂きました。いつもよりもテキストと写真がやや多めになりますので、2回に分けて記事にさせて頂きます。ご了承ください。

私は前回と同じ装備に、アイウェアだけbolle製x800に変えたのですが、フェイスマスク着用時でも曇らず良好でした。
・・・フェイスマスクは蚊の猛攻に負けたのが着けた理由なのですが・・・(白目)

まず、いつもゲームにご一緒させていただいている、かどさんです。かどさんは今回装備を一新。エアフレームヘルメット良いですネ!!今後塗装の予定があるとのことですが、ヘルメットカスタム楽しいですよ!sheep dogのパッチを貼るとカッコ良さそうです。ARCアダプターも良い感じですね。LE装備の完成楽しみにしてます!

今回は大統領とも写真を撮らせて頂きました。大統領というのは、この方の正式なハンドルネームではなく、昨年ご一緒させて頂いた際に大統領戦(大将戦)がバンブージャングルさんにて行われ、その際大統領役を担当されたことがきっかけです。
山地での攻守のメリハリ、機動の卓越さを拝見させて頂きましたが、開始数分で敵陣地の裏に回り込んだ手際お見事でした!大統領の南部14年式が調子悪いときの、「出たよマル◯ン」は、メーカー涙目の名言です(笑)またご一緒しましょう!

こちらは、今回初めてご一緒させて頂いたモモさんです。装備のこだわりは、「形にとらわれず、実物を取り入れる。ハイスピードギア命!」とのこと。私もいつかは挑戦したいジーンズスタイル。しかし、私服でカッコ良さを出すには、細部を充実させて全体を締める必要があるのですが、そこでハイスピードギアというチョイスがハイセンスです。T-1ダットサイトにマグプルのフォアグリップ、ジーンズと宮城県のクリス・コスタで間違い無いでしょう(爆)サイレンサーの先の塗装が少しはげ気味なのが、実物っぽい雰囲気が出てます!
またお会いできるのを楽しみにしております。ありがとうございました!

乱文の程ご容赦下さい。
  


Posted by タングステン at 06:35Comments(2)エアソフト