QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
タングステン
タングステン
宮城県内中心に活動しています。現在はAOR2装備を収集中です。俄か者ですがよろしくお願いします。

2015年11月24日

オークリー SIミニッツ

オークリーのSIミニッツになります。フレームをタートスブラウンに変えているので、低反射のレンズ以外面影が無くなっています。

フレーム交換の経緯ですが、誤って踏んづけてしまったためです(爆)今まで購入したサングラスの中で1番気に入っているモデルでしたので、修理を依頼したところマットブラックが無いということでしたので、この色になりました。

出回っているサングラスは種類が様々でも、人によって頭部の形状は異なりますから自分に合った一本を探すとなかなか見つからないのですよね^^;

ミニッツは、女性や小顔な人向けのモデルということで2009年春にストレートジャケットと迷った結果購入しました。その後、太陽が眩しい日をはじめ、特に花粉症シーズンに活躍しくれています。

このモデルの良いところが、イヤーソックと鼻部分が汗をかいても滑り辛い仕様になっている点です。サバイバルゲームをはじめ、各種スポーツ等でもストレス無く使えるので気に入っています。

写真に撮る際、顔の印象を大きく左右するアイテムなのでアイウェアー選びは毎回楽しみでもあり、緊張します(苦笑)

乱文の程ご容赦下さい。

【お知らせ】
真に勝手ながら、仕事の都合で2週間程更新が滞ります。悪しからずご了承下さいm(_ _)m  


Posted by タングステン at 07:06Comments(0)アイウェアー

2015年11月19日

ギアログファイナル⑤

今回でギアログファイナルの記事も最後となります。

こちらは、宮城で一緒にサバイバルゲームをさせて頂いた方々と会場でお会いし、撮った写真です。いやぁ、まさかギアログという栄えある場で再会できるとは何と素晴らしい偶然でしょう!いつのまにか、一名MARSOCから陸特に装備が変わっていて驚きました(笑)迷彩服は上下Patagoniaという徹底ぶりです。

ブログを始めた頃に、よくコメントを下さった02さんともお会いすることが叶いました。何事もそうですが、駆け出しで不安な頃に声をかけて下さる方の存在というのはありがたいものです。きちんと感謝の言葉をお伝えすることができませんでしたので、この場でお礼を申し上げます。あの時はありがとうございました。こうして、趣味を通じて人との出会いがあるというのは偉大だと思います。


今回嬉しかったのは、8月23日の記事で書かせて頂いたデルタな方のハンドルネームをお聞きできたことです。イケメンなお姿とのギャップがすごいネームで驚きました(笑)

さっそく前回同様に装備のこだわりをお聞きしました。今回のこだわりは「脇腹TPP」とのこと!

そして、背中についているPRC-148が上下逆になっているのにご注目下さい。スタイリッシュです!!!!今まで、アンテナ逆刺しというのは見たことがありますが、これは初めて見ました。お洒落上級者とお呼びしても決して過言ではないでしょう。


全体を通しての感想ですが、様々な年齢層の人たちが一丸となって、ゲーム及び撮影会を満喫していたという印象です。これは稀有なことだと思います。ただの遊びの場という枠組みに留まらず、一つのコミュニケーションの場でもあり、私自身ギアログを通じて新しい人間関係を築くことができました。これも、当日の参加された方々の優しさと、主催のmorizoさんはじめ、MMR-Zの皆さんの手腕あってのことです。はじめて参加させて頂いた私でも、最高に楽しかったです。ありがとうございました!

これをもちまして、全5回に及ぶギアログファイナルの記事を終わりたいと思います。記事を読んで頂きましてありがとうございました。

〈最後に〉
トップ画像を少しだけ加工してみました。いやーーー写真の編集や、写真の撮り方をもっと勉強しておけば良かったとギアログが終わってから反省しました(笑)


・ギアログファイナル②へ
・ギアログファイナル③へ
・ギアログファイナル④へ  


Posted by タングステン at 06:15Comments(4)エアソフト

2015年11月18日

ギアログファイナル④

こんな素敵な写真を撮らせて頂きました(鼻血)いや、もう皆さん雰囲気が素晴らしすぎて、私などが混ざって良いものか躊躇するレベルでした^^;
壮観です。今回は、この写真に至るまでの経緯をお話したいと思います。

シュガートゥさんに同行させて頂いていたところ、素敵な方々とお会いしました。

KARA-AGE NO LEMONさんです。DEVGRU良いですね!!見てるだけでニヤニヤしてしまいますwこの方は、ナイスなカメラをお持ちで・・・ブログを拝見させて頂きましたが、「やべーーー良いカメラほしーーーー」となります。しかし、私の場合撮る技術がどこまで伸びるのか怪しいので導入をするとしても当分先になりそうです(苦笑)
そして、ブログに載せて頂きましてありがとうございました。私が写り込んだせいでアクセス数が減ったらすみません(笑)

そしてこのオーラです。強そうです。とても強そうです。滲み出る玄人なオーラは半端ではありませんw
KARA-AGE NO LEMONさんありがとうございました!



そしてさらに・・・。

ロマンさん登場!!!!!!!!カリスマの登場に一瞬言葉が出なかったのはここだけの秘密です(笑)ご本人がいくら謙遜されようと、私の中ではカリスマです!

装備の調べ物等で、かなりお世話になっているミリブロを書いてらっしゃる方とこうして対面して、あろうことか肩まで組めるとは!!!!そしてこの着こなし・・・あえてのAOR系ではないところが、痺れます。
私もAOR系以外の装備ですと、ローンサバイバーの装備も考えましたが、分からないことが多すぎて、手をつけられずにいますw
そもそも、当時のものは手に入らないでしょうし、メーカーもナイロンギアのマイナーチェンジをしているので、細部が異なると聞きます。いやあ、その辺りの話も詳しく聞いておけば良かったです^^;

ロマンさんのブログは、構成が整えられていてすごく分かりやすいのが特徴です。私もこの方のブログ無くして装備集めはできませんでした。私もあれくらい見やすいレイアウト、分かりやすい言葉遣いを目指したいです。

ロマンさん!ありがとうございました!そして、素敵な出会いに導いて下さったシュガートゥさんにも改めて感謝を!

乱文の程ご容赦下さい。

・ギアログファイナル②へ
・ギアログファイナル③へ
・ギアログファイナル⑤へ  


Posted by タングステン at 06:06Comments(4)エアソフト

2015年11月17日

ギアログファイナル③

本日は③になります。

さすがは名高いギアログ。よもや有名ミリブロガー2名と写真をご一緒させて頂くことになろうとは・・・光栄の至りとは、まさにこのことです。

さん(右側)は、かの有名なAOR2を着た「あの人」の装備をされていることで知り、それ以来ブログを拝見させて頂いております。今回のギアログ参加にあたり、イベントの雰囲気を予習する際にも参考にさせて頂きました。前回のギアログにおけるゲームの流れを、かなり詳細に解説されています。

岬さんは、ギアログファイナルではLE装備で参加され、また今回の優勝チームである赤チームの隊長をされていました。LEは色々な機関があるので、大変そうです(汗)装備も私服系もあれば、がっちりした装備系もあるので、幅が広く難しそうです。

改めて写真を見ると、キアヌ・リーブス的な雰囲気と身長の高さが相まって、着こなしを通り越して、もはやその筋の方にしか見えないので羨ましいです(爆)LE装備に関して見識が乏しい私にも、丁寧なお話をして下さりありがとうございました!


Ayuさん(左側)はハイセンスなブログ記事をお書きになられる方で、毎回の更新を楽しみにさせて頂いております。私もあれくらい内容が濃くて、有益な記事を書けるようになりたいのですが、うまくいきませんね(笑)私が好きな記事は、顔のウェザリングの記事です。あのような工夫があるのだなぁと、衝撃を受けました。

また、ブログタイトルの『ゼロから始まる女の戦い』というのには大変インスピレーションを刺激されました。当ブログ開設にあたり、名は体を表すと言いますから、タイトルは様々考えました。具体的な方向性・目標が伝わることを加味した結果、『カッコから入る戦場』というタイトルに致しました。

自分が目指した理想の「格好」ではなく、まずは未完成ではあるものの、概ね完成した「カッコ」の状態からサバイバルゲームを楽しんでいき、徐々に自分が目指す装備に近づけてゆく。という意図がそこにはありました。

感極まり、話が逸れました。失礼致しました。そのため、Ayuさんとお会いできたことは大変大きな喜びでして、お話させて頂きながら、「あ、今自分は主語を言わなかったから変な日本語になってしまったな」と、心の中で自分で自分にツッコミを入れてしまうくらいに緊張で変な口調になってしまいました(白目)

それにも関わらず、写真にまで応じて頂きましてありがとうございました!

お二方に改めて御礼申し上げます。


乱文の程ご容赦下さい。

・ギアログファイナル②へ
・ギアログファイナル④へ
・ギアログファイナル⑤へ  


Posted by タングステン at 06:12Comments(0)エアソフト

2015年11月16日

ギアログファイナル②

前回の続きになります。

私の属する青チームが最初の一試合目を行っている最中、横をミリフォトから出てきたような素晴らしいお髭のDEVGRU隊員が横切っていきました。

髭、ORのゲイター・・・シュガートゥさんではあるまいか!?

と、思いゲームを終えてセイフティーエリアに戻ると、同じテーブルにいらっしゃったことが判明し、思い切ってお声をかけさせて頂きました。そして、快く写真撮影にも応じてもらった嬉しさのあまり、滑舌が悪くなった私をお許し下さい(苦笑)

シュガートゥさんのブログは、以前からAOR2の装備を整える際に参考にさせて頂いておりました。前に記事で書かれていた内容を、私も今回追体験してしまいました(笑)AOR1装備カッコいいーーーーーーーーーーーw(爆)これはDEVGRUやりたくなりますわ(白目)

また、お話させて頂く中で感じたのが、シュガートゥさんの手先の器用さです。マリタイムコネクタを自作とは・・・。それ以外にもHK416のグリップを始め、多くのものを自作されています。無いものは作る!そういう選択肢がとれるというは凄いことだと思います。創意工夫が苦手な私としては、羨ましい能力です。身近なものを利用するという着眼が素晴らしいです。

また次回お会いできることを、切に願っております。ありがとうございました!


ポージング写真まで撮らせて頂きました。重ね重ね感謝を!

乱文の程ご容赦下さい。

・ギアログファイナル③へ
・ギアログファイナル④へ
・ギアログファイナル⑤へ
  


Posted by タングステン at 17:19Comments(0)エアソフト

2015年11月16日

ギアログファイナル①

11月15日に行われた、ギアログファイナルに参加させて頂きました。私はNAVY SEALsでエントリーしましたので、青チームでした。

当日の天気予報が雨というのが最大の不安事項でしたが、過去最大の参加人数ということで皆の想いが天に届いたのでしょう・・・ゲームが始まるころには雨もあがりました。

敬愛する多くのミリブロガーさん方、また久しぶりにお会いした東北在住の方々、今回初見にも関わらず親身に接して頂いた方々と、嬉しい出会いが数多くありました。

今回は記録という観点から、写真に対し文章量が多くなってしまいますので、数回の記事に分けて投稿させて頂きたいと思います。

乱文の程ご容赦下さい。

・ギアログファイナル②へ
・ギアログファイナル③へ
・ギアログファイナル④へ
・ギアログファイナル⑤へ  


Posted by タングステン at 12:08Comments(0)エアソフト

2015年11月13日

ARMA BREATHABLE JACKET

ARMA製BREATHABLE JACKETです。寒さも本格的になって参りましたので、ソフトシェルジャケットの記事になります。


この色、このジッパーの多さ、コールオブデューティのゴーストをどこか思い出させます(あちらはフリース生地ですが・・・)。これらのジッパーが意味するのは、ポケットがいっぱいというわけではなく、中の蒸気を逃すベンチレーションとして機能します。

背後はこのようになっており、画像では分かりにくいですが肘部分がナイロンで補強されています。

肩部分にはブランドロゴとベルクロがあります。ベルクロは幅が広いので色々なパッチを貼ることができます。


ジッパーはYKK製で止水ジッパーとなっています。雨具は縫い目とジッパー部分から浸水しやすいので嬉しいところです。ただ、このジャケットはソフトシェルであることを考えると、ややオーバースペックな気もしないでもありません。

腹部のジッパーはベンチレーションとしての機能に加え、無線機等を入れることを想定したポケットになっています。

ウェアの裏地がフリースですが、さして暖かくありません。動きの少ない状況下というよりは、ある程度動きがあることを前程とし、その活動等で徒(いたず)らに体を冷やさないためのウェアと思った方が良いと思います。ソフトシェルの魅力は通気性とストレッチ性なので、それを活かした運用をしていきたいです。

乱文の程ご容赦下さい。
  


Posted by タングステン at 06:17Comments(0)ウェア

2015年11月12日

FFI AOR2③

今回は、予告通りFFI製のAOR2生地を他の生地と比較したいと思います。左がNWU3の実物生地で、右側がFFIのAOR2です。

この時点でお察しの方もいらっしゃるかもしれませんが、なかなか顕著に違いがあるように思われます・・・。


近くで撮ってみるとこのような具合です。


エマーソン製のレプリカも加えてみました。左下がNWU3の実物生地、左上がエマーソン、右側がFFIです。FFIのものは、抹茶のような濃緑色が使われており、かつ黒色の部分もくっきりしており、全体として明るい色調です。

形はネイビーカスタムであるにもかかわらず、この色の違い・・・。何か意図があるのでしょうか?(汗)私としては、5m離れて遜色なければ良いのですが想像よりも差があったので驚きました。

尚、FFIのものはエマーソン製のものに比べ生地が薄く柔らかいです。着心地はこちらの方が優れているように感じます。


乱文の程ご容赦下さい。
  


Posted by タングステン at 06:15Comments(0)ウェア

2015年11月11日

FFI AOR2②


昨日に引き続き、FFI製AOR2レプリカの続きになります。今回はコンバットパンツになります。



昨日お話しさせて頂いた通り、パンツの前 部分がファスナーではなく ボタンになっています。日常的には不便なようですが、錆びたり、破損する恐れがないので信頼性は高いです。ボタンだと整備性(修理も含んで)が優れているので私としてはこちらの方が好みです。
また、他のブログでも書いてる方がいらっしゃいましたが、ウエスト部分にクッション性があります。



後ろ側になります。コンバットシャツ同様に伸縮部分が良く伸びます。ストレッチ性が良いのは結構ですが、森林戦で枝等に引っかけたらダメージを受けないか心配です。



実物のニーパッドも入ります。レプリカは各社から出されていますが、ものによっては収まらないという話を聞いていたので、安心しました。尚、ニーパッド調整用 のストラップが当初ポケット側に通されていなかったのには困惑してしまいました(笑)

全体の印象としては、手持ちのエマーソン製のものに比べ幅があるつくりですので、パンツ着用時はベルクロで幅を調整しないとニーパッドの収まりが悪くなりそうです。

次の記事では、実物NWU3生地、エマーソン製レプリカも並べてみたいと思いますので、お付き合い頂けましたら幸いです。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 06:17Comments(0)ウェア

2015年11月10日

FFI AOR2①

FFI製AOR2の戦闘服です。コンバットシャツと、コンバットパンツと2回に分けて記事にしたいと思います。

FFI製の特徴は、ネイビーカスタムになっています。恥ずかしながら、ずいぶん長い間アーミーカスタムとネイビーカスタムの違いが分からずにいました(白目)

当然ながら、ネイビーカスタムの方が海軍仕様なわけですが、大きな特徴は①ボタン仕様である。②エルボーパッドが露出しない。の2点です。


というので見ていくと、肘部分がたしかにそうなっています。①についてはズボンで分かりやすくなっていますので、また後日に。


首元のファスナーはYKK製。とはいっても、壊れる時は壊れるので過信は禁物です。


ショルダーのポケットもボタン付きで丁寧な印象です。


背後になります。

総評として、コンバットシャツについてはトルソー部分が思いの外長くて良好でした。これは、エマーソン製のSサイズよりも大きいつくりであるためです。

また、Tシャツ生地の部分は綿と化繊の混合のようで良く伸びます。汗をかいても速乾性がありそうです。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 06:18Comments(0)ウェア