QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
タングステン
タングステン
宮城県内中心に活動しています。現在はAOR2装備を収集中です。俄か者ですがよろしくお願いします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2016年12月31日

ARC’TERYX 製 TALOS

今年最後の記事は、ARC’TERYX (アークテリクス)のLEAF(法執行機関及び軍用ライン)のTALOSの紹介になります。

高級アウトドアメーカーで知られるアークテリクスですが、同じ高級アウトドアメーカーであるPatagonia同様に軍用のラインを生産しています。その中の一つがこのTALOSです。こちらは、いわゆるコンバットシャツになります。


全体の写真になります。トルソー(胴体)部分も含めて全てマルチカムの生地なのが特徴的です。全て同一の布地ではなく、肩や腕部分はコットンナイロンの混合生地で、バックパックやアーマーの摩擦からウェアを守るようなつくりになっています。
トルソー部分は通気性のある伸縮素材で放熱性と快適性を追求しています。


次にコンバットシャツとしては珍しいベンチレーションです。脇から腕にかけて伸びるファスナーを解放することにより、熱を外に放出することが可能です。立体成型にベンチレーションという時点でコストがかかっているのに加え、メーカーのこだわりを感じます。


腕にはパッチを貼れるようにベルクロ付きです。写真はありませんが、カフス部分はボタン留めとなっており、半袖に織り込んで使用できるようになっているようです。まあ、Cryeの高級コンバットシャツを暑いからと袖を切る特殊部隊員の話を聞いてしまうと、オーバースペックのようにも感じますが(苦笑)

しかしながら、怪我防止の観点からもサバイバルゲームでは長袖を私はオススメします。蚊とかハチ、ブヨなんかも侮れませんから。

肩のベルクロ付近にはポケットもあります。


後ろはこのようになっています。


総評ですが、特に暑い気候を意識したレベルの高い服だと思います。サバイバルゲームは汗をかく遊びですから、こういった高性能ウェアもあって損をすることはないと思います。一番良いのはこまめに着替えることなのだと思いますが(笑)

着替える時間がいつでも自由に行える訳ではない戦場を想定するからこそ、こういったハイスペックなウェアが作られているのでしょう。

また、アウトドアメーカーが軍用ラインでウェアを生産しているというのも興味深い話です。ついつい、外出した折に気になって登山用品を見てしまいます(笑)


乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 07:38Comments(0)装備ウェア

2016年12月30日

FMA製L4G19レプリカ

FMA製L4G19レプリカになります。ヘルメットをカスタムするにあたり、ナイトビジョンマウントは年代や所属部隊を盛り立てる上で良いアクセントになります。


L4G19は、DEVGRUでの使用例があります。映画『ゼロ・ダークサーティ』でも使われていました。実物は大変高価ですし、実物のナイトビジョンを購入する予定も無いのであればナイトビジョンマウントはアクセサリーにすぎませんから、レプリカでも良いのかと。


刻印は何もありませんが、別に構いません。アームはアルミ製で良い質感です。


ナイトビジョンマウントだけ新しい雰囲気なので、そのうちウェザリングを施してみたいと思います。雰囲気を出すためには、ミリフォトの再現が一番なのですが、人とかぶらないようにするためには、程よく個性を出さねばならず、難しくもあり、楽しいのがヘルメットカスタムですね(笑)


乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 06:07Comments(0)小物ヘッドギア

2016年12月29日

PELTOR製COMTAC3

PELTOR製COMTAC3のデュアルタイプです。


デュアルタイプとは、一台のヘッドセットで二台の無線機を運用できるようにコードが二本になっているモデルです。ミリフォトではDEVGRU隊員はデュアルタイプを使用している画像が散見されたので、購入しました。(ベストはCOMTAC2だったのですが、新基盤というのが気になり3に)


使用感ですが、レプリカのCOMTAC2と比べ圧迫感(遮音性)があります。耳栓をつけた状態に近くなりますので、外部の音が聞こえにくくなります。


スイッチを入れると、集音マイクが機能し外部の音が聞こえます。集音機能は強弱が変更でき、音を増幅させるとサーっというノイズが入りますが、レプリカよりも静かで良好な印象です。


集音を最大まで上げると、本のページをめくる音やエアコンから発する僅かな高音も鮮明に聞こえ違和感を感じる程でした(笑)


レプリカのヘッドセットとは相性の悪かった、実物NEXUS使用のマリタイムコネクタ(コネクタ部分はレプリカ)も問題なく使用できます。


総評として、実物はやはり良いものです。壊れにくいという信頼は大きいです。しかしながら、レプリカのヘッドセットもあの価格であのクオリティは大したものだと思います。

また、ささやかなストレスが生じないのも実物の良かった点に感じられました。私の所有するレプリカのCOMTAC2はマイク部分の部品が緩く、常時マイクのスポンジが顔に当たる不快感がありました。その点では実物はそういった煩わしさとも無縁です。
補足ですが、ジェルパッドの効果は絶大です。長時間の使用でもこめかみが痛くなりにくいです。実物を購入される際は、そちらもオススメいたします。

乱文の程ご容赦下さい。

  


Posted by タングステン at 15:37Comments(0)ヘッドギア無線関係

2016年12月03日

書籍『名将たちの指揮と戦術』

松村 劭 著 『名将たちの指揮と戦略』です。こちらは、指揮や統率といった軍事的な要素を歴史上の名将たちの格言を引用して解説しています。

軍事書籍として読むこともできますが、ビジネス書としても読めるように書かれています。クラウゼウィッツの有名な言葉である「4分の3は霧の中」も解説されています。

読み終わる頃には、某戦車アニメの某キャラクターのように「こんな格言を知ってる?」と周りに言い出すようになっているかもしれません(笑)

私は主導権について述べている章が気に入っています。また、本書は戦史を学ぶきっかけにもなる一冊だと思いました。格言と解説が基本なので、通勤や通学時間の合間にも読めるのでオススメです。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 22:43Comments(0)その他