QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
タングステン
タングステン
宮城県内中心に活動しています。現在はAOR2装備を収集中です。俄か者ですがよろしくお願いします。

2016年12月31日

ARC’TERYX 製 TALOS

今年最後の記事は、ARC’TERYX (アークテリクス)のLEAF(法執行機関及び軍用ライン)のTALOSの紹介になります。

高級アウトドアメーカーで知られるアークテリクスですが、同じ高級アウトドアメーカーであるPatagonia同様に軍用のラインを生産しています。その中の一つがこのTALOSです。こちらは、いわゆるコンバットシャツになります。


全体の写真になります。トルソー(胴体)部分も含めて全てマルチカムの生地なのが特徴的です。全て同一の布地ではなく、肩や腕部分はコットンナイロンの混合生地で、バックパックやアーマーの摩擦からウェアを守るようなつくりになっています。
トルソー部分は通気性のある伸縮素材で放熱性と快適性を追求しています。


次にコンバットシャツとしては珍しいベンチレーションです。脇から腕にかけて伸びるファスナーを解放することにより、熱を外に放出することが可能です。立体成型にベンチレーションという時点でコストがかかっているのに加え、メーカーのこだわりを感じます。


腕にはパッチを貼れるようにベルクロ付きです。写真はありませんが、カフス部分はボタン留めとなっており、半袖に織り込んで使用できるようになっているようです。まあ、Cryeの高級コンバットシャツを暑いからと袖を切る特殊部隊員の話を聞いてしまうと、オーバースペックのようにも感じますが(苦笑)

しかしながら、怪我防止の観点からもサバイバルゲームでは長袖を私はオススメします。蚊とかハチ、ブヨなんかも侮れませんから。

肩のベルクロ付近にはポケットもあります。


後ろはこのようになっています。


総評ですが、特に暑い気候を意識したレベルの高い服だと思います。サバイバルゲームは汗をかく遊びですから、こういった高性能ウェアもあって損をすることはないと思います。一番良いのはこまめに着替えることなのだと思いますが(笑)

着替える時間がいつでも自由に行える訳ではない戦場を想定するからこそ、こういったハイスペックなウェアが作られているのでしょう。

また、アウトドアメーカーが軍用ラインでウェアを生産しているというのも興味深い話です。ついつい、外出した折に気になって登山用品を見てしまいます(笑)


乱文の程ご容赦下さい。




同じカテゴリー(ウェア)の記事画像
カスタムBDU
カスタムBDU製作中
3Cデザート パンツ
5.11製タックライトプロパンツ
ARMA BREATHABLE JACKET
FFI AOR2③
同じカテゴリー(ウェア)の記事
 カスタムBDU (2016-02-06 09:45)
 カスタムBDU製作中 (2016-02-03 21:21)
 3Cデザート パンツ (2016-01-16 07:21)
 5.11製タックライトプロパンツ (2016-01-09 06:22)
 ARMA BREATHABLE JACKET (2015-11-13 06:17)
 FFI AOR2③ (2015-11-12 06:15)

Posted by タングステン at 07:38│Comments(0)ウェア装備
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。