QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
タングステン
タングステン
宮城県内中心に活動しています。現在はAOR2装備を収集中です。俄か者ですがよろしくお願いします。

2016年12月31日

ARC’TERYX 製 TALOS

今年最後の記事は、ARC’TERYX (アークテリクス)のLEAF(法執行機関及び軍用ライン)のTALOSの紹介になります。

高級アウトドアメーカーで知られるアークテリクスですが、同じ高級アウトドアメーカーであるPatagonia同様に軍用のラインを生産しています。その中の一つがこのTALOSです。こちらは、いわゆるコンバットシャツになります。


全体の写真になります。トルソー(胴体)部分も含めて全てマルチカムの生地なのが特徴的です。全て同一の布地ではなく、肩や腕部分はコットンナイロンの混合生地で、バックパックやアーマーの摩擦からウェアを守るようなつくりになっています。
トルソー部分は通気性のある伸縮素材で放熱性と快適性を追求しています。


次にコンバットシャツとしては珍しいベンチレーションです。脇から腕にかけて伸びるファスナーを解放することにより、熱を外に放出することが可能です。立体成型にベンチレーションという時点でコストがかかっているのに加え、メーカーのこだわりを感じます。


腕にはパッチを貼れるようにベルクロ付きです。写真はありませんが、カフス部分はボタン留めとなっており、半袖に織り込んで使用できるようになっているようです。まあ、Cryeの高級コンバットシャツを暑いからと袖を切る特殊部隊員の話を聞いてしまうと、オーバースペックのようにも感じますが(苦笑)

しかしながら、怪我防止の観点からもサバイバルゲームでは長袖を私はオススメします。蚊とかハチ、ブヨなんかも侮れませんから。

肩のベルクロ付近にはポケットもあります。


後ろはこのようになっています。


総評ですが、特に暑い気候を意識したレベルの高い服だと思います。サバイバルゲームは汗をかく遊びですから、こういった高性能ウェアもあって損をすることはないと思います。一番良いのはこまめに着替えることなのだと思いますが(笑)

着替える時間がいつでも自由に行える訳ではない戦場を想定するからこそ、こういったハイスペックなウェアが作られているのでしょう。

また、アウトドアメーカーが軍用ラインでウェアを生産しているというのも興味深い話です。ついつい、外出した折に気になって登山用品を見てしまいます(笑)


乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 07:38Comments(0)装備ウェア

2016年12月30日

FMA製L4G19レプリカ

FMA製L4G19レプリカになります。ヘルメットをカスタムするにあたり、ナイトビジョンマウントは年代や所属部隊を盛り立てる上で良いアクセントになります。


L4G19は、DEVGRUでの使用例があります。映画『ゼロ・ダークサーティ』でも使われていました。実物は大変高価ですし、実物のナイトビジョンを購入する予定も無いのであればナイトビジョンマウントはアクセサリーにすぎませんから、レプリカでも良いのかと。


刻印は何もありませんが、別に構いません。アームはアルミ製で良い質感です。


ナイトビジョンマウントだけ新しい雰囲気なので、そのうちウェザリングを施してみたいと思います。雰囲気を出すためには、ミリフォトの再現が一番なのですが、人とかぶらないようにするためには、程よく個性を出さねばならず、難しくもあり、楽しいのがヘルメットカスタムですね(笑)


乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 06:07Comments(0)小物ヘッドギア

2016年12月29日

PELTOR製COMTAC3

PELTOR製COMTAC3のデュアルタイプです。


デュアルタイプとは、一台のヘッドセットで二台の無線機を運用できるようにコードが二本になっているモデルです。ミリフォトではDEVGRU隊員はデュアルタイプを使用している画像が散見されたので、購入しました。(ベストはCOMTAC2だったのですが、新基盤というのが気になり3に)


使用感ですが、レプリカのCOMTAC2と比べ圧迫感(遮音性)があります。耳栓をつけた状態に近くなりますので、外部の音が聞こえにくくなります。


スイッチを入れると、集音マイクが機能し外部の音が聞こえます。集音機能は強弱が変更でき、音を増幅させるとサーっというノイズが入りますが、レプリカよりも静かで良好な印象です。


集音を最大まで上げると、本のページをめくる音やエアコンから発する僅かな高音も鮮明に聞こえ違和感を感じる程でした(笑)


レプリカのヘッドセットとは相性の悪かった、実物NEXUS使用のマリタイムコネクタ(コネクタ部分はレプリカ)も問題なく使用できます。


総評として、実物はやはり良いものです。壊れにくいという信頼は大きいです。しかしながら、レプリカのヘッドセットもあの価格であのクオリティは大したものだと思います。

また、ささやかなストレスが生じないのも実物の良かった点に感じられました。私の所有するレプリカのCOMTAC2はマイク部分の部品が緩く、常時マイクのスポンジが顔に当たる不快感がありました。その点では実物はそういった煩わしさとも無縁です。
補足ですが、ジェルパッドの効果は絶大です。長時間の使用でもこめかみが痛くなりにくいです。実物を購入される際は、そちらもオススメいたします。

乱文の程ご容赦下さい。

  


Posted by タングステン at 15:37Comments(0)ヘッドギア無線関係

2016年12月03日

書籍『名将たちの指揮と戦術』

松村 劭 著 『名将たちの指揮と戦略』です。こちらは、指揮や統率といった軍事的な要素を歴史上の名将たちの格言を引用して解説しています。

軍事書籍として読むこともできますが、ビジネス書としても読めるように書かれています。クラウゼウィッツの有名な言葉である「4分の3は霧の中」も解説されています。

読み終わる頃には、某戦車アニメの某キャラクターのように「こんな格言を知ってる?」と周りに言い出すようになっているかもしれません(笑)

私は主導権について述べている章が気に入っています。また、本書は戦史を学ぶきっかけにもなる一冊だと思いました。格言と解説が基本なので、通勤や通学時間の合間にも読めるのでオススメです。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 22:43Comments(0)その他

2016年11月30日

書籍 『失われた勝利』

エーリッヒ・フォン・レヴィンスキー・フォン・マンシュタイン著『失われた勝利』1980年 本郷 健 訳を読了しました。(高校生の時に購入したので、10年以上前に入手していた本なのですが/汗)

マンシュタインは第二次世界大戦中、ドイツ国防軍最高の頭脳と評された名将です。ソ連の難攻不落で知られるセヴァストポリ要塞を攻略した事で元帥となり、その後のハリコフ戦で見せた機動防御「後手からの一撃」でも有名です。


『失われた勝利』は、そのマンシュタインが単なる回顧録としてではなく、歴史の渦中にあった人物がどのように何を思い行動したかという点に重きを書いて執筆した、大変価値ある書籍です。

私がマンシュタインの優れていると思う点は、作戦立案能力と部隊指揮能力が両立されている点だと思います。

例を挙げますと、1940年にフランスに侵攻するにあたり、周囲は先の第一次世界大戦で用いたシュリーフェンプランと呼ばれた侵攻ルートを推していましたが、マンシュタインは新たにアルデンヌの森を通過する新しい方法を提案します(マンシュタインプラン)。このアルデンヌの森というのは、一般的に戦車の通行に適さないいとされている場所でありました。

ただでさえ、森や市街地というのは兵を飲むと言われるように難しい地形ですから、そこで新しいことをするということは、十分な分析及び状態把握と状況判断が求められます。

続いて、最初に触れましたが機動防御での手腕も見事です。誰もが任意の戦場で戦えるわけではない。で、あれば任意の戦場を作り出せば良い。マンシュタインの用兵からはそれを感じずにはいられません。

つまり、思慮深さに加え、冷静な状況判断力に行動力、そしてそれを貫徹する気力を持ち合わせていた理想の上司です。羨ましいですね(笑)

そして、社会人になってから特に尊敬した点は上司(ヒトラー)と部隊の運用を巡りやり合わねばならなくなった際に、根拠をきちんと説明できて、かつ相手が理解を示さなくてもセカンドベストを引き出せる交渉力ですね。改めて偉大さを感じました。

戦術や戦争史に興味のある方は是非一読することをお勧めします。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 06:06Comments(0)その他

2016年11月22日

エレメント製 ライトマウント

エレメント製のライトマウントになります。
この趣味を楽しむにあたって、レプリカと実物のどちらを買うかで悩む場面は多いと思います。剛性の他に所有欲を満たすという意味では実物を購入した方が良いのでしょうが、銀行の口座と相談しなければなりません(笑)

私は優先度が高い物、実用性が高いものは実物にしてそれ以外はレプリカで済ませるようにしています。

前置きが長くなりましたが本題に入っていきたいと思います。以前購入したシュアファイア6Pを、HK416Dにマウントしたいと考えていたところ1,000円というお手軽プライスのこちらのライトマウントが目にとまり購入してみました。


樹脂製でしっかりしており、ガタつきは気になりません。やはり、ライトがつくと雰囲気が出ます。プッシュボタンも押しやすい位置に来る為、使い勝手も良さそうです。


シュアファイア6Pは10,000円程で買え、今回紹介したマウントを含めても15,000円を切ります。このように重要な部分は実物にして、レプリカでも十分なところはレプリカにするという方法も良いかと思います。

もし、マウントの強度が不安であればシュアファイアの記事でご紹介させて頂いた方法でキーリングをライトに通し、エアガン本体と結束バンド等で脱落防止するという方法もあります。一番簡単なのは、ミリフォトでおなじみの絶縁テープで巻きつける方法でしょうか(笑)

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 20:02Comments(0)小物光学機器

2016年10月02日

INOVAヘッドライト

約3ヶ月ぶりにミリブロに戻って参りました。これから改めてよろしくお願い致します。


久しぶりの投稿記事は、inovaのヘッドライトです。何となく衝動買いしてしまいました。
こちらがよくあるヘッドライトと異なる部分は、ボタンが無い点です。


気になる操作方法ですが、画像の矢印になっている部分をスマートフォンのようになぞるだけです。赤い矢印にスワイプすれば赤色灯が点灯し、白い矢印にスワイプすれば白色灯が点灯します。それぞれスワイプする回数によって、強→弱→点滅と切り替え可能です。


赤色は光量を1番抑えてこのようになります。スワイプの回数の他に、タッチし続けると、光量の微妙な調整ができます。夜戦などでこちらの所在の判明を最小限にしたい時は、こちらの機能を使い光量を最小に絞ると良いでしょう。


白色はこのようになります。2回スワイプして弱の状態での点灯ですが、なかなか明るく感じます。屋外で手元を照らす分には丁度良いかと思います。
最初は使いにくい印象ですが、慣れれば使い易いです。むしろ、状況に応じてフィルターを上げ下げする必要も無く、光量の微妙な調整ができるので重宝します。

逐次更新して参りますので、今後ともよろしくお願いします。

また、この3ヶ月の間に読者登録して下さった方。大変頭が下がる思いです。改めてお礼申し上げます。

乱文の程ご容赦下さい。  


Posted by タングステン at 11:28Comments(0)光学機器

2016年06月20日

シュアファイア6P(LED)

あの時買っておけば良かったという品は誰しもあるかと思います。今回はそれを見越して購入したSure fireの6P(LED)です。いつの間にかカタログ落ちしたらしく、現在では新しいモデルに取って代わっています。後継はP2Xとかいうモデルだったと記憶しています。

買って良かったと思うのが
①軽い
②扱いやすい
③保証がついている
という点です。値は張りますが、③の保証があるというのが特に魅力的に感じられます。それ以外にも、防水性を始め堅牢な作りなのも信頼が置けます。


また、プッシュスイッチは想像していたよりも押しやすく感動を覚える程でした。押している間点灯します。常時点灯状態にしたい場合には、後ろの部分を回して使います。

個人的な工夫ですが、中身を抜いたパラコードとキーリングを使っています。こうすることで手を離してしまっても、指にリングを通しているためライトを落とすということはありません。


光量も申し分ありません。120ルーメンという明るさは、連続点灯時間等を総合的に加味すると丁度良く感じられます。日常でも重宝する明るさです。
そのうちレールにマウントしてウェポンアクセサリーとして使いたいところです。

乱文の程ご容赦下さい。

《連絡》
7月から10月までの間、仕事の関係でブログの更新をはじめサバイバルゲームに参加できなくなります。復帰次第更新を再開し、活動も行って参りたいと思います。
  


Posted by タングステン at 06:08Comments(0)光学機器

2016年05月30日

ギアログ東北で

5月29日(日)に「ジョーズポイント」で開催されたギアログ東北に参加して来ました。気温の高さ、起伏の激しいフィールド、カウンター戦とトリプルコンボで体力を蝕まれます。カウンターを押しに戻るだけでも大変な中、誰もが積極的に楽しんでいる印象でした。


中央にギアログの生みの親、ブログ「東京装備BAKA」のmorizoさんを中央に撮った海軍特殊な1枚。前回のギアログファイナルではあまりお話できなかったのですが、今回念願が叶いました。万感の思いとはこのことです。
両サイドにはsicoさんと○さんを迎えさせて頂きました。異なる迷彩を組み合わせるのが通っぽいです!写真のみならず、お三方とはたくさんお話もさせて頂きました。心から感謝を!


ブログ「TASK FORCE KZL」のtaroybmxさん。ギアログファイナルの思い出から、私の中では美声の司会者のイメージがありました(爆)
この方は例の部隊装備から、右端の人装備と、人の心にぐぐっとくるミリフォトを大変詳しく考察されています。ブログを拝見していると、1枚のミリフォトを細かく、よく見る大切さを感じます。


ブログ「それいけCHIHIROCKのサバゲ日記」のCHIHIROCKさん。駐車場がお隣でしたので、すかさずお声掛けさせて頂きました(爆)
私のブログを度々覗いて下さっていて、今回実際にお会いしてお礼を申し上げることができて嬉しい思いでした。3Cにミラーレンズというのが良いですね!


ブログ「爽快全快エアガン日記」の全快娘さん。まさか、賢者とご一緒させて頂けるとは夢にも思いませんでした。
無いものは作ろう。創意工夫のプロでいらっしゃいます。私としてはELCANのレプリカのレバーを自作する記事が1番のお気に入りです(笑)


そして、この日の感動は。okuさん。この方とお会いできたことです。
宮城県民で海軍特殊装備な方と初めて知り合いになることができました!!ブログ開設から1年が経ち、ようやく仲間と出会えた喜びたるや!ギアログは装備好きの交流ということもあり、イベントを通して人間関係が広がり、深まっていくという点が1番の魅力です。


写真をご一緒させて頂いた皆様。本当にありがとうございました!また、主催のTJ1さん。企画から運営まで本当にお疲れ様でした!

うさぎ隊長さんにもこの場を借りてお礼を申し上げます。我々黄色チームがこの度優勝できたのは、うさぎ隊長さんの卓越した指揮があったからです!ありがとうございました!


乱文の程ご容赦下さい。
  


Posted by タングステン at 06:00Comments(4)エアソフト

2016年05月23日

BLACK HAWK!製バトルバッグ

いよいよギアログ東北まで1週間となりました。天候に恵まれることを祈ります。

今回はBLACK HAWK!製バトルバッグの紹介になります。名前の通り戦闘に必要な装備が最小限入るショルダーバッグです。漫画『ヨルムンガンド』の8巻でチェキータさんが似たバッグを使用しており、それをイメージしてはるか昔に購入したものです(笑)

バックルを外して、フタを開けるとマップケースがあります。地図の防水処置は大切です。


メインポーチを見ると四角い穴があります。ここから無線機のコード等を出すことが可能となっています。


メインポーチ内部はペン等の筆記具の収納スペースがあります。また、画像はありませんが中型ハンドガンとマガジンの収納スペースもあります。


手前のファスナーを開けると、3つのゴムバンドが。M4系のマガジンの収納スペースです。


夏になったら、私服にこのバッグを合わせてゲームしてみるのも良いかと思うこの頃です。


乱文の程ご容赦下さい。

  


Posted by タングステン at 19:04Comments(0)装備